引きこもりに関する悩みを相談

引きこもりに関することで悩んでいる場合には、一人で悩まずに専門としている人に相談をしてみましょう。
例えば、引きこもりで学校に行くことができずに悩んでいる場合には、相談することによって自分だけでは分からなかった選択肢が見えてくる可能性があります。

自分が持っている情報や知識だけですべてを決めつけないようにすることも大切です。
また、働きに出ることができない社会人の場合、相談することによって自分の状況を少しでも変えるきっかけをつかむことができる場合があります。

例えば、人間関係がきっかけとなって引きこもりになったという場合には、人間関係を円滑にすることができるコミュニケーション力を学ぶことによって自分の考えや周りとの関わり方を変えていくことができる場合があります。
さらに、仕事が原因で引きこもりになった、という場合には自分に合った職場環境を見つけていくことができるように再就職のサポートを受けてみることも選択肢の一つです。
サポートを受けることによって、自分だけで悩みすぎることなく仕事探しをすることが可能になります。
一人で抱え込まずに周りの支援を受けることも、大切です。

このように、引きこもりに悩んでいる場合は周りの人に相談をしてみましょう。

少しずつ状況が変わっていく場合があります。
しかし、無理をしないことも大切です。無理をして自分の負担になってしまっては逆効果になってしまう可能性があります。気をつけましょう。

引きこもりのことを相談しましょう

学校でいじめを受けて、心に傷を負うこともあります。
誰もが精神的に強いわけではありません。一度でも嫌なことがあると、家に引きこもりたくなることもあるのです。生きていくことは、社会と関わり合いながら生活します。

その中で、もう人と関わることをしたくないと感じる人は多いです。
不登校になり、そのまま大人になっても引きこもりを続ける人もいます。
若い時には、両親がお世話をしてくれるかもしれません。
しかし、今度どうなるのかわからないと不安になります。誰にも相談出来ずに、両親にも言えない人もいるのです。引きこもりは深刻な問題となります。両親も安心して老後を過ごせなくなるかもしれません。
誰かに相談してみることで、心が軽くなることもあります。心が優しい人に話してみれば、救われることもあるのです。全国に、引きこもりの相談支援をしている場所があります。
電話で話してみるだけでも、良いかもしれません。本人が難しい時には、家族が電話してみましょう。
同じように引きこもりをしていた経験者もいます。勇気を出して、外へ踏み出してみましょう。

他人の目が気になる人もいますが、周りの人はそんなに他人のことを気にしてはいません。誰もが自分のことで精一杯なのです。外へ出たから自分を傷つける人がいるわけではありません。
まずは小さなことから一つずつ始めてみましょう。

外を散歩したり、家の掃除を始めることでも良いのです。家族にも相談してみましょう。

信頼関係なしの引きこもり支援は逆効果

引きこもりは子どもや若年層だけではなく、30~40代の大人にも見られるようになりました。

これに伴い公営・民営の引きこもり支援サービスが増加しています。
支援者側は従来、引きこもり当事者の目を外側に向けて社会との接点を持たせるような活動に取り組んできました。

たとえば趣味のサークルへの参加を促したり、ポジティブな言葉を投げかけて将来に希望を持たせたりすることです。
また経済的に自立することの重要性を説く支援者もいます。

ところがこうした活動は、当事者にとっては心の負担になります。
なぜなら、引きこもる原因そのものを解決しないまま外に出そうとするからです。
そしてその原因とは、人によってさまざまです。
原因の究明と解決を行わずに無理やり外に出されたところで、当事者にとっては支援者もまた「自分を理解してくれない人」の一人に含まれてしまい、ますます自分の殻に閉じこもろうとします。

引きこもり支援で気を付けたいことは、引きこもりそのものを否定しないことです。なぜなら、引きこもりを否定することは、本人を否定することにつながるからです。
引きこもり当事者は多かれ少なかれ、現状に罪悪感を抱いているので、当事者の現状を肯定することが大切です。そのうえで引きこもりに至った理由を根気よく聞きます。
根掘り葉掘り質問すると逆効果なので、自分から話してくれるのを辛抱強く待ちましょう。

引きこもり支援をするときには、まず当事者と支援者の信頼関係を少しずつ築くことが最も重要です。

引きこもりの社会問題化と相談出来る施設

現代社会において、引きこもりは深刻な社会問題となりました。
昔から自宅にこもりがちな人々は一定数いました。出不精などといった言葉がある通りです。

しかし、現代に増加している引きこもりは、かなり深刻であり、本当に自室に篭ったまま、ほとんど他人とは接触せず生活する若者が急増しつつあります。
その原因は実に多様化しており、ケースバイケースです。
テレビ番組のコメンテーターの方々などは引きこもりになるのは親の躾が悪いからだ、等と家庭にその原因があると断定なさる事が多いです。確かに家庭環境にいささか問題があり、それがニートを生んでしまう面は否めません。

しかし、近年急増する若者の引きこもり問題はむしろ家庭よりも職場や学校の方に原因があります。
学校でのイジメ、職場でのパワーハラスメントがニート化の主な原因であり、むしろ家庭の躾が行き届いた、良い学生や真面目な社会人の方程、引きこもりのリスクがあります。
現代の大学や労働現場は荒んでいるところがあり、真面目な方ほど、心に傷を負いやすいです。
もし息子や娘がニート化し、苦しんでいるなら専門医に相談してみましょう。
明らかにサボりとは違う、心の病が長期化するニート化の背景には隠されています。

町にはメンタル関連の相談が出来る心療内科があり、今では家族からの相談にも対応するクリニックが多々あります。専門医に相談すれば、医学的な観点からニート化を脱出する方法論をアドバイスしてもらえます。

引きこもり支援について

引きこもりに関することで悩みを抱えている場合には、支援団体や身内からの支援を積極的に利用することも大切です。

例えば、自分の子供が引きこもりになって悩んでいる場合には、自分一人で悩まずに周りの信頼できる人に相談をしてみましょう。
しかし、周りの人に素直に話をすることができない場合には、外部の引きこもり支援の団体に相談をしてみることもおすすめです。
まず、どのような引きこもり支援の団体に相談すればいいのかを考えましょう。
自分の子供のことを安心して話すことができる団体を見つけることが必要です。
焦って決めることによって、後から後悔することのないようにしましょう。

さらに、相談しやすい環境が整っている団体を探してみることもおすすめです。相談できる手段がインターネットやFAX、電話といった多様な方法が整っている団体を選ぶことによって、すぐに相談することが可能になります。誰かに話すことによって、状況が改善できる場合があります。
相談しやすい支援団体もおすすめです。団体の支援内容をしっかり確認するようにしましょう。
このように、引きこもり支援の団体を探して、利用することによって自分の気持ちや今の状況を整理することが可能になります。しかし、自分に合わない団体を利用してしまうと今の状況が改善されない場合もあります。子供や自分にとって何が大切なのかを考えてみましょう。

無理をして状況を悪化させることのないように注意をしましょう。

引きこもりの相談をしよう

社会問題の一つに、引きこもりのことがあります。
子供だけの問題ではなく、大人にも引きこもりはあるのです。
学校で嫌がらせを受けたので、もう学校へ行きたくないと思う人がいます。嫌な場所に無理に行く必要はありません。
うつ病になり、自殺してしまうよりは逃げた方が良いのです。誰にでも受け入れられないわけではありません。人には合う場所もあれば、合わない場所もあります。
いじめに遭う人に問題があるわけではなく、いじめをする人達に心の問題があるのです。
引きこもりの相談をしない人が多いですが、家族だけで悩むと辛いと感じます。

相談しない理由の一つに、恥ずかしいと感じる気持ちがあるからです。
しかし、現代社会では引きこもりで悩む人が多いと言われます。本人もどうにかしたいと思っているので、まずは一歩踏み出すことが大事です。支援相談センターに相談しましょう。
優しい人達に囲まれれば、誰でも外に出たくなります。会いたい人がいたり、自分の好きなことがあれば、外に出たいのです。
人間は、本能的に誰かの役に立ちたいと考えています。
支援センターに相談すれば、必ず何か方法は見つかるのです。このまま引きこもっていても、何も変わりません。両親が世話をすることが出来なくなった時に、本人も困ります。
養ってくれる家族がいなくても、一人で生きていけるようになる必要があるのです。

このままの状態でいれば、家族も辛い思いで生きていかなければなりません。

引きこもりには継続的な支援が必要

学校でいじめにあったり、勉強がうまくできなかったりすると、学校を不登校になってしまうことがあります。
子どもの心は繊細ですから、大人からした些細な事でも、深く心を傷つけて、不登校になってしまいます。
一度不登校になってしまうと、再び学校に通う勇気を出すのは大変で、そのまま学校に行くことができずに引きこもりの状態になってしまうことが少なくありません。

さいきんでは10代や20代の若いものだけでなく、30歳以上の引きこもりが社会問題にもなっています。
不登校のため学歴がなく、働いた経験もないので社会と接する機会がなくなり、さらに引きこもりが長期化してしまうことが懸念されています。
引きこもりの場合、お金を稼ぐ手段が限られてしまうので、親や兄弟、親戚などに経済的な援助を求めているケースがほとんどです。
しかしいつまでも誰かに頼って生活するわけにはいきませんから、引きこもり状態を脱するための支援が必要です。
いきなり家から出て働いたりすることは難しいので、家からほど近い場所で短時間で働ける場所を提供する支援を行ったり、同じように家から出られなくて閉じこもっている人たちを集めて話し合う場を設けるなどの支援が必要になります。

長期間、家にひきこもっていた場合、すぐにその状況を改善するのは難しいので、継続的な支援が必要になります。一人で生活しても大丈夫だと客観的に判断できるまでは、様々な面からの支援が必要になります。